介護の現場に、理学療法士や、看護師、栄養士は必要で介護に関して多くの専門家が携わっています。

介護関係の職業と資格について

介護の仕事

日本は世界一の長寿国となり、同時に少子化の問題から介護の仕事の需要は今後も増えていくことでしょう。

 

これまで国が行っていた社会福祉事業を民間でも行えるようになり、介護、福祉サービスの提供が増えています。

 

ではどのような介護関係の仕事があるのでしょう。

 

 

 

介護関係の職種

 

介護職・ホームヘルパー

 

介護職・ホームヘルパーの仕事の内容は、高齢者や、体の不自由な人の身の回りのお手伝い(掃除、洗濯、買い物等)日常生活の補助(食事、入浴、排せつ、等)を行う仕事です。

 

勤務先は、老人ホーム、デイサービス、訪問介護などがあります。

 

⇒介護職員の仕事内容や年収について

 

ケアマネージャー(介護支援専門員)

 

介護支援専門員は専門的な立場から、ケアを受ける側と事業者の間で、それぞれの内容を検討し、ケアプランの作成を行います。

 

サービスが適切に行われているかを定期的に、確認も行います。
介護の専門家であり、コーディネーターと言った職業です。

 

 

相談員、営業関係職

 

相談員は、社会福祉士の資格を取得している場合に、生活相談員として働くことが出来ます。

 

利用者とその家族の間に入って面談したり、利用者と事業者とのかけはしとなる仕事です。

 

介護業界での営業関係職は、入居者の獲得、顧客情報の管理等より今後の介護施設の運営に関して側面からサポートする役割を持っています。

 

⇒生活支援相談員の仕事や年収について

 

仕事でストレスが溜まってるな…という時は肌にも影響が出てしまいます。
そんな時はストレスケアも一緒にしてくれるアヤナスコンセントレートでスキンケアする事をおすすめします。

 

 

高齢者施設について

 

高齢者の、介護にかかわる施設にはどのようなものがあるのでしょうか

 

老人ホーム

 

有料老人ホームは、介護サービスのあるものとないものがありますが介護付きのホームの場合は、要介護者3人に1人の介護、看護職員の配置が、義務づけられています。

 

軽費老人ホームで、ケアハウス型の場合、介護を必要とする高齢者が利用しています。

 

 

介護療養型医療施設

 

介護を提供できる医療機関で、医学的管理に基づく介護、機能回復訓練などを行います。

 

認知症疾患の病棟では認知症に関する専門的な介護の知識を必要とします。

 

 

老人デイサービス

 

在宅要介護高齢者に通所してもらい、入浴、食事、健康チェック、日常生活動作訓練などを行います。

 

老人デイサービスセンターの中でも、通所リハビリテーションセンター等もあり資格取得者の需要はますます増えています。

 

また介護の必要な高齢者の家族に対しての指導なども行います。

 

 

老人保健施設

 

病院などに入院していた高齢者が退院し、リハビリテーションなどを行い医療ケアと日常生活の支援サービスを行います。
施設により、入所者、通所、短期入所ケア等があります。

 

 

 

介護関係の資格

 

介護関係の仕事をしながら、国家試験などに挑戦しキャリアアップをしている人がほとんどです。

 

又は、国家試験によると、実務経験を必要とする場合もあります。

 

地方公務員の福祉関係の仕事は、利用者の相談に対応するようなスペシャリストの仕事が多く専門的な知識を、大学、専門学校で、修了後実務経験や、国家試験受験資格を得て得る資格も多くあります。


 

 

初任者研修

 

在宅、施設で働くうえで必須となる知識、技術を習得し、指示を受けながら介護業務を実践します。

 

 

実務者研修

 

介護福祉士の受験資格に必須の研修で、より専門的な知識、技術のカリキュラムを修得するために450時間のカリキュラムを終了する必要があります。

 

 

介護福祉士

 

利用者の状況に応じて介護や他の職種との連携を行うための幅広い知識を、技術を修得し的確な介護を実施します。

 

 

社会福祉士

 

社会福祉の専門家で、高齢者の相談役です。
専門的な知識を大学などで学び、国家試験に合格しなくてはいけません。

 

 

社会福祉主事任用資格

 

福祉系の大学や専門学校で指定された社会福祉に介意する専門知識を修了する等社会福祉の専門知識を有した任用資格で福祉関係の仕事のスペシャリストとして働くための資格です。

 

 

 

その他の資格として。

 

理学療法士

看護師

栄養士

 

これらの資格は特に介護施設などで必要とされる主な資格ですが高齢者対象の施設等により、リハビリを行っているところや、

 

看護の必要なところ24時間の介護施設では、老人の咀嚼の問題などもあり、食事に関する専門家の栄養士も必要となってきます。

 

 

これらのほかにも、高齢者の介護に関する、特別な技術の習得を目指す資格は、新しく設けられているようで、福祉タクシー乗務員のようにすでにタクシー運転手である場合も、介護の仕事専門の資格というものが出来ています。