すでに介護関係で働いている場合の、キャリアアップの資格とも言えます。介護保険施設には、法律でケアマネージャ―の配置を義務付けられておりこれからますます需要のある資格となっています。

ケアマネージャー(介護支援専門員)の仕事について

ケアマネージャー

ケアマネージャーの仕事は要介護者や、家族の相談に乗り、介護者の状況などから主治医、市町村や、事業者、介護保険施設等と連絡を取り,、どの介護サービスを受けるのが適切であるかの判断をして調整し、ケアプランの作成をします。

 

また介護保険制度などの申請手続きが行えない介護者の助けをして申請手続きの代行を行います。

 

介護施設に勤務した場合は、施設サービスの策定、介護保険費用の計算、請求業務を行います。

 

 

介護保険法が2000年に設定され、介護保険施設とケアプラン作成機関には、ケアマネージャーを配置しなければならないと定められました。

 

 

ケアマネージャーのおもな職場は、

  • 居宅介護支援事務所(介護サービス会社、在宅看護支援センター等)
  • 介護保険施設(老人ホーム、介護療養型医療施設等)

となっています。

 

 

多くの場合、ケアマネージャーとして働くのみではなく、すでに介護施設での介護員としての仕事をしている場合が多く今働いている仕事のキャリアアップの一つとした形で、ケアマネージャ―の仕事もこなし、ケアプランの作成報酬を受けるという形です。

 

 

ケアマネージャーとして働くための資格

 

ケアマネージャーとして働くためには「介護支援専門員免許」を取得しなければなりません。
取得するためには「実務研修受講試験」を受ける必要があります。

 

その受験資格は

 

1.以下の資格を取得し、実務経験が5年以上の者

 

  医師、歯科医師、薬剤師、看護師、准看護師、保健師、助産婦、理学療法士
  社会福祉士、作業療法士、介護福祉士、はり師、あん摩マッサージ指圧師
  きゅう師、栄養士、義肢装具士、言語聴覚士、歯科衛生士、視能訓練士、柔道整復師、精神保健福祉士

 

2.社会福祉主事任用資格またはホームヘルパー2級以上の研修を修了し、実務経験5年以上
  で、900日経過しているもの。

 

3.老人、障碍者施設で働く職員で、10年以上かつ1800日以上の実務経験を有するもの。

 

 

介護施設で、他の介護資格を取り働きながら、ケアマネージャーとしての資格も取るという形が多くなっています。

 

 

ケアマネージャーの年収

 

ケアマネージャーの平均年収は約360万円です。

 

介護の仕事につき、介護関係の介護福祉士や、社会福祉士の資格を取りその上でこのケアマネ―ジャーの資格を取得
することで、収入が加算されていくという形での年収です。

 

 

一般的に、介護職は年収が肉体労働の割に低いと言われますが、この様に、キャリアアップをしていくと、それに伴い収入も増え、今後ますます、ケアマネージャーの需要は増えていく傾向にあります。