食事を管理する栄養士について

食事を管理する栄養士について

栄養士が栄養の指導や管理をする対象が、主に健康な人に限られるのに対し、
管理栄養士は、病気や怪我で療養中の人に、医学に基づいた栄養指導・管理をすることも加わります

 

規模が大きい給食施設では、管理栄養士を配置するよう義務付けられています。

 

 

介護施設での栄養士(管理栄養士)の仕事内容

介護施設での栄養士(管理栄養士)の仕事内容は、
大まかにあげると次のようになります。

 

  • 入所者の健康・身体の状況に応じて必要な栄養を管理し、献立を作成する。
  • 食材の発注・帳票の管理
  • 行事食を企画
  • 新しいメニューの開発や試作
  • 食事中の観察

 

入所者の身体機能に応じて、一つのメニューが「きざみ食」や「やわらか食」など、複数の調理方法に分かれます。
また、お正月やクリスマス、七夕などの行事食は、施設内での生活に変化を付け、季節を感じてもらえるよう工夫されています。
食事の際の入所者の様子や食べ残しの量などを観察し、献立作りの参考にする場合も多いようです。

 

その他にも、入所者とのコミュニケーションを図るために介護業務に加わったり、送迎バスの運転をする場合もあります。

 

 

管理栄養士による居宅療養管理指導について

居宅療養管理指導とは、通院が困難な利用者に、医師や歯科医師・管理栄養士などが自宅を訪れ、療養のための管理指導を行うサービスです。(実際に治療が行われることはなく、指導・助言のみとなります)

 

ここでの管理栄養士の役割は、病気や高齢等により通院が困難な自宅療養中の利用者の自宅に出向き、医師の指導の下にその人に合った栄養指導をすることです。

 

利用者の健康や生活の状況を考慮した上で、管理栄養士が献立作成や調理・栄養の指導などを行います。
介護を担当している家族やヘルパーさんが、調理の指導やアドバイスをしてもらうこともできます。

 

★要介護認定を受けていて、医師の判断により通院が困難な状態にある、在宅で療養中の方が対象です。介護保険が月二回まで適用されます。

 

 

栄養士が介護の現場で求められるもの

栄養士や管理栄養士が介護の現場で求められるのは、資格や専門的な知識はもちろん医師や理学療法士、施設のスタッフなど、自分とは違う立場の人とうまく連携を取るコミュニケーション能力です。

 

また、一人一人の健康を気遣った献立は、入居者との心の絆を深めることになり、より人間的な介護につながることでしょう。