身内が介護の状態になり介護職員の人と関わることで、介護職に興味を持った方が多いようです。

体験談

介護職は大変だ、というイメージが誰しもあるかと思いますが、実際に介護職に就いている人たちのそもそもなぜ介護職をやろうと思ったのか、介護職をやってよかったという体験談はどのようなものがあるのでしょうか?

 

無資格でも仕事に就けたから

介護の仕事に就く為の一番最初の資格には「介護職員初任者研修」という資格があり、この資格は通信講座などで取得する事が出来ますが、資格を取得する為の受講料は講座を行っている企業によって様々ではありますが、平均的に7万円以上かかる事がほとんどです。
ハローワークの労働支援などで2万円前後で取得できる地域もありますが、人数制限などもあり必ず受講できるとは限りません。
介護事務所によっては介護職員初任者研修などの資格を取得していない無資格の状態でも働く事が出来るところがあります。
働きながらお金を貯めて改めて「実務者研修」などの上級の資格取得をすれば、給料のアップにもつながります。
とりあえずやってみる!というのも大事かもしれませんね。

 

身内が介護状態になり興味を持った

自分の親や義両親が介護の状態になり、介護職員の人と関わるようになり介護職に興味を持った、と言う人はかなり多いようです。
自分が介護しなくてはいけない立場になり、初めて介護職員のありがたみがわかるものです。
「私も誰かの役に立ちたい!」と思って介護職に就かれる方は多いようです。

 

年齢が高くても正社員になれた

年齢を重ねるにつれ、再就職時に正社員になるというのはなかなか難しいものです。
介護職は慢性的に人手不足が続いているため、年齢が高くても正社員で仕事に就ける可能性が高いです。
やはりきちんとした待遇や福利厚生を受けた状態で働きたい!と思われる方は多いですよね。
介護は体力勝負と言われがちですが、コツをつかめば体力を使わなくても介護する事も可能です。