訪問介護員の年収は比較的低いため、人手不足の問題もあるため待遇の改善が問題となっています

訪問介護員(ホームヘルパー)の仕事とは

訪問介護員の仕事は、高齢者や、体が不自由な方の身の回りのお手伝い(掃除、洗濯、買い物等の生活の支援)日常生活のサポート(食事、入浴、排泄、移動等)を行います。

 

 

利用者本人のお世話と共に、在宅介護をしている家族の人に、介護の技術的な指導、精神的な支えなども行います。

 

訪問介護の場合は、資格がないと働くことはできませんが介護の仕事は、老人ホームなどでは無資格でも見習いのように働くことが可能で働きながら介護の資格を取得するというケースも多くあり、職場でも資格を取るように配慮をしているところもあります。

 

 

民間企業では、訪問介護はコストがかかるという理由で、利益の上げやすい介護施設に変更する場合も出ており訪問介護から、施設へとその職場も移るというように変化をしています。

 

 

訪問介護員として働くための資格

 

訪問介護員は、一般的には、ホームヘルパーと呼ばれており、かつては、ホームヘルパー2級という資格もありましたが、現在は初任者研修という呼び方とシステムに代わりました。

 

訪問介護

すでにホームヘルパー2級を修了している場合は、介護職員初任者研修修了者として働くことが出来ます。

 

 

ホームヘルパー2級の資格の時には、研修さえ受ければ資格が与えられていたのに対し研修内容は介護の基礎知識や技術についてで、試験を受けて合格した場合に終了することが出来ます。

 

 

介護の資格についてはかつては統一されていないため、質などにもばらつきがあり誰にでもできる仕事から、より専門的な知識を必要とする、仕事の質の向上を図るようになりました。

 

 

介護の職に就く場合、資格がないと就職できないような方向になってきています。

 

 

初任者研修のその上の実務者研修を修了し、介護福祉士の資格を取るように実務経験を積みながらキャリアアップしていくと、給料や、仕事内容も向上が図ることが出来ます。

 

老人福祉のスペシャリスト老人福祉指導主事の仕事についてはこちら

 

 

訪問介護員の年収

訪問介護員の平均年収は約290万円です。

 

介護の仕事は現在検索状態で、賃金が比較的低いという問題改善を、国を挙げて検討中です。

 

 

民間企業も、施設事業で利益が上がるようになると、賃金も上がるようになることでしょう。