仕事内容は、ホームヘルパーのような仕事から、施設の利用を快適に行えるように、利用者の状況を把握しスタッフとの連絡も怠らずに、管理していく必要があります。

介護職員の仕事について

介護職員の仕事は、高齢者等の日常生活の自立を支援し、介護サービスの中心として働きます。

 

従来は、寮母さんや、寮父さんと呼ばれていた職種です。

 

最近では、ケースワーカー、介護員という呼び方をされているようです。

 

職場は、

  • 各種老人ホーム
  • 老人保健施設
  • 老人デイサービス
  • 高齢者が入所して生活する施設
  • 通所型の場合

があります。

 

日常の仕事は、

 

1)ホームヘルパーの仕事などと同じような日常生活のサポート(食事、入浴、排せつ、移動等)

 

2)全般的な介護の仕事や、各種福祉機器の管理

 

3)福祉施設において、誕生会等レクリエーションの計画を立て利用者が、施設において快適に過ごせるように、利用者の身体の状況も常に把握し施設で働くスタッフと連絡を取り合って、心配りをする仕事

 

です。

 

 

かつては、女性中心の仕事でしたが、現在は、男性も進出しており、施設の規模によると数人でこなすようにしている仕事です。

 

 

介護職員として働くための資格

 

介護職員として、法的に決められた資格の取得条件はありません。

 

専門学校などを卒業するという制限はありませんが、公立の施設の場合は、公務員試験を受けて合格しなければいけません。

 

 

介護職員

私立の場合は、その施設ごとに、条件は異なります。

 

介護の需要や、多くの利用者がその質などを重視するようになっていますので介護についての知識がある資格を持った場合でないと就職は難しい状況です。

 

 

介護福祉士の国家試験合格が条件の場合が多くあるようです。

 

 

仕事の内容からも、最低限介護職員初任者研修修了の知識は必要とされていますが、施設内で働く人の、まとめ役としての立場でもありますので介護福祉士の資格を持っている程度の知識は必要なようです。

 

 

 

介護職員の年収

 

介護職員の年収は約300万円前後です。

 

高齢化が進んでいるために、介護職員の需要は増えてきているために、少しでも条件が良い、給料が良いところへと転職するような傾向もある事から、介護職全般の雇用条件、賃金の見直しが問題となっています。

 

 

介護施設などで利用者の相談に乗ったりしてくれる生活支援相談員の仕事についてはこちら