社会福祉士の資格を採用条件とされている場合や、福祉関係の専門学校の修了者の採用も近年は行われています。

生活支援相談員の仕事について

生活支援相談員の仕事は、社会福祉施設や、介護施設において、利用者やその家族の方との相談、援助を行い、

施設によっては、生活指導員、支援相談員とよばれています。

 

 

利用者一人一人の援助プログラムの立案、実行、入退所の手続きなどを行います。

 

施設内に置いては、中で働くスタッフの調整、福祉事務所、病院などとの連絡調整なども行います。

 

 

社会福祉のシステムの知識が必要となり、利用者や、その家族の相談、援助や、心の支えとなる仕事です。

 

 

専門的な知識や、実務経験などの高い知識を必要とする仕事ですので介護施設で働きながら、社会福祉士の資格を取って、キャリアアップをすることも可能です

 

 

介護施設で働く場合、施設の中の仕事を把握したり、スタッフや、利用者の状況をを把握することが必要な職場の為、まずは介護員の仕事と同じ内容の、日常生活のサポートの仕事をまず行うようです。

⇒介護職員の仕事についてはこちら

 

介護施設に就職する場合は介護の知識も必要となります。

 

 

職場は、

  • 各種老人ホーム
  • 老人デイサービス
  • 知的障碍者施設

となっています。

 

 

 

生活支援相談員として働くための資格

 

生活支援相談

生活支援相談員として働くための資格は、施設によって異なり公立施設の場合は、公務員試験に合格し、私立の場合は施設によって様々です。

 

 

特別に資格を必要とすることは、法的には定められていませんが仕事の内容が、施設の中心的な内容ですので、専門的な知識を必要とすることから社会福祉士の資格を持っているものということが採用条件となっています。

 

 

実務経験を必要とする、専門的な知識を必要としますが近年は大学で心理学を修了したリ、社会福祉系の専門学校修了者の求人などもあります。

 

 

施設の内勤であっても、いろいろな機関とのやり取りや、利用者の家族等の間を取り持つ仕事の為自動車の普通免許も持っているものということが、条件の場合もあります。

 

 

生活支援相談員の年収

 

生活支援相談員の年収は約350万円前後です。

 

公的施設で働く場合は、公務員として扱われ給与も、公務員の給与と同じです。

 

其の他の施設では、社会福祉士の資格を持っているかどうかなどの資格手当なども加算されます。