仕事に就く場合、専門的な知識を必要とし、資格や、専門学校での修学が条件で、、公務員試験に合格する必要があります。

身体障害福祉司の仕事内容について

身体障害者福祉司の仕事は、

  • 身体障害者更生相談所
  • 福祉事務所で身体障害者の相、
  • 調査、更生援護の種類の判断本人への指導

など身体障害福祉のスペシャリストの仕事です。

 

 

福祉事務所で働く事務所員に対しても、身体障害者福祉に対する技術指導を行います。

 

 

以下のような時に、身体障害者福祉司は、利用者に、適切なアドバイスを行う仕事です。

  • 医療を受ける事の手助け。
  • 義手、義足が必要な時の援助。
  • 施設でのトレーニングを受けたい時の手配。
  • 身体障碍者が、日常生活におい、困っている問題や、職業上での問題解決など。

 

 

職場は、福祉事務所や、身体障害者更生相談所が主な勤務先となります。

 

まずは行政職や事務職に就き、その後身体障害者福祉司としての仕事に、人事異動というような形となります。

 

 

身体障碍者福祉司として働くための資格

 

身体障障害者福祉司は、都道府県や市区町村の公務員試験に合格する必要があります。

 

 

地方公務員に当たる、事務史員、または技術史員となります。

 

 

身体障害者福祉法に規定されている任用資格で、職務に就くための条件は

 

1.社会福祉主事任用資格を持ち、身体障碍者の厚生施設等に関する事業に2年以上従事した経験のあるもの。
2.大学などで、厚生労働大臣の指定する社会福祉に関する科目を修めて卒業したもの。
3.医師
4.身体障害者の構成援助の事業に従事する職員養成のための、厚生労働大臣指定の養成施設を卒業したもの。
5.上記の者に相当する、身体障害者福祉に関する必要な学識経験のあるもの。

 

なお身体障害者福祉司として実務経験が5年間ある場合、社会福祉士の受験資格を得ることが出来ます。

 

 

身体障害者福祉司の年収

 

身体障害者福祉司の年収は、各自治体の公務員給与に相当し年収は、約700万円前後です。

身体障碍者福祉司

都道府県や、東京都の区では、公務員の水準を上回っている場合もありますが町村では国よりも下回る傾向にあります。

 

家族の形態などにより、扶養手当、住居手当、などが付加されます。

 

残業手当も、その福祉事務所によりますが、幾分かの残業をしなければいけない状況です。